「サステナビリティの経営哲学―渋沢栄一に学ぶ」十名 直喜

著者:十名 直喜 出版社:社会評論社 出版年:2022年1月10日 ISBN:978-4-7845-1592-9 価格:2,500円+税 内容:「新しい資本主義」論など、岐路に立つ資本主義をめぐる関心が高まっています。資本主義をどう創り直すか、さらにポスト資本主義をめぐる議論も活発化しています。本書は、産業・企業・地域に関するわが半世紀の研究をふまえ、第3部に総括的なスポットを当てています。渋沢栄一が創造した日本資本主義のシステム、その理念と原点に立ち返り、日本社会を立て直す智慧と処方箋を汲み出…[詳細]

更新日:

「学習社会の創造 ―働きつつ学び貧困を克服する経済を」池上 惇

著者:池上 惇 出版社:京都大学学術出版会 出版年:2020年10月20日 ISBN:978-4-8140-0293-1 価格:2,000円+税 内容:経済が閉塞状態にあると言われる現代の日本社会で、「学びあい育ちあいの場つくり」はいかにして実現するだろうか。多くの教育現場や企業現場にあって、穏やかで、互いを尊重しあう、共に生きる場を求めることは可能なのか。本書は、文化政策・まちづくり大学校(市民大学院)の創立に関わった著者が、大きな広がりをもつ学習社会の構築を目指し、人口減少地域に学習拠点を置…[詳細]

更新日:

「文化資本論入門」池上 惇

著者:池上 惇 出版社:京都大学学術出版会 出版年:2017年1月15日 ISBN:978-4-8140-0044-9 価格:1,800円+税 内容:日本を代表する経営者と経済学者が「文化資本による経済資本の制御」という壮大なテーマを取り上げ、国民経済(マクロ)の視点から金融経済の実態に触れつつ、地域創生(ミクロ)という現実的課題に応える。日本には金融経済に支配されず文化資本(伝統を生かす創造の元手)を生かして自然を守りながら経済・経営を発展させ、さらに、これらの成果を学校づくりによって語り継ぐ…[詳細]

更新日:

「人生のロマンと挑戦―「働・学・研」協同の理念と生き方」十名直喜

著者:十名直喜 出版社:社会評論社 出版年:2020年2月10日 ISBN:978-4-7845-1580-6 価格:2,300円+税 内容:働き学び研究する──鉄鋼マンから大学教員に転じた半生を貫く人生哲学。 北尾吉孝氏推薦(SBI ホールディングス㈱代表取締役社長、SBI 大学院大学学長)。 著者は、鉄鋼マンとして製鉄所21 年、大学教員として大学28年にわたり、「働きつつ学び研究する」という「働・学・研」協同の生き方を貫いてきた。本書には、その歩みと理論・思想・ノウハウが示されている。本書…[詳細]

更新日:

「企業不祥事と日本的経営 ―品質と働き方のダイナミズム」十名直喜

著者:十名直喜 出版社:晃洋書房 出版年:2019年2月2日 ISBN:978-4-7710-3152-4 価格:2,600円+税 内容:日本的な品質管理と労使関係からなる「好循環」が、偽造、ねつ造、品質不祥事へと暗転するメカニズムは何か。その解明を通して、あるべき品質管理と働き方を提言する。 非人間的な無限定労働から人間らしい有限労働へのパラダイムシフト。

更新日: