【ご報告】9/18第25回働学研の成果報告

国際文化政策研究教育学会会員各位

平素より大変お世話になっております。国際文化政策研究教育学会(ICPA)事務局でございます。
以下、市民大学院にて9月18日に文化政策セミナー内で開催されました十名先生の第25回働学研の成果報告を共有いたします。

【以下転送】
皆様

 9/18第25回働学研(13時半~17時半)は、2021文化政策セミナー(9/18-19)の一環として開催されました。
 下記の39名に、ご参加いただきました。

 (敬称略:池上、池田、岩田、太田、片山、金井、金田、聴涛、岸本、木林、熊坂、
 小宮、近藤、櫻井、澤、白石、杉山、鈴木、高瀬、高松、槌田、程、富澤、中野、中谷、
 野口、濱、平川、平松、広瀬、藤岡j、藤岡ji、三輪、安嶋、山田、横田、十名、他2名)

 3部構成で7本の研究発表がなされました。いずれの発表も熱がこもり、議論が活発に展開され、実に興味深いものとなりました。
 所定時間(30分/本×7本)に抑えることは至難で、半時間ほどオーバーし、4時間にわたる熱戦となりました。
 参加者数、時間のいずれも、これまでの最多となりました。

 ただ、発表を兼ねた司会にとって、オーバーワークを実感しました。
 参加者各位にも、ご迷惑をおかけしたのでは、と深く反省する次第です。
 7本の発表の趣旨と論点は、簡単にまとめ、添付しています。ご覧いただければ、有り難く存じます。

 次回の働学研は、10月23日(土)14時~17時です。
 発表の申し込みも、すでに2-3本いただいています。
 ご発表・ご参加のお知らせ、お待ちしています。

十名 直喜

<付記>
 ご報告は、いつもより遅くなりました。
 文化政策セミナーが2日間にわたったこと。何よりも、9月末締め切りの論文に苦戦しているためです。
 何かとご迷惑をおかけしますが、お許しください。

ご報告:第25回働学研(21.9.18)

更新日:

1件のコメント

  1.  十名先生と関係の皆様、お疲れ様でした。岸本にとっては、縁の遠かった「大企業の到達点と課題」も概ね知る機会となりました。ありがとうございました。
     今後は、日本の「小農」・「中農」の到達点や課題を皆様にもも伝わるような「話題提供や研究報告」もしていきたいです。農業経済学をやった者の努めの一つかも知れません。

岸本正美 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です