【ご報告】5/21第33回働学研の成果報告

国際文化政策研究教育学会会員各位

平素より大変お世話になっております。国際文化政策研究教育学会(ICPA)事務局でございます。
以下、5月21日に開催されました十名先生の第33回働学研の成果報告を共有いたします。

【以下転送】
皆 様

 昨日(5/21)、働学研の第33回月例会が開催され、3時間余(14時前~17時過ぎ)にわたり、熱い議論が交わされました。
 ご参加いただきました下記26名に、お礼申し上げます
 (敬称略:井手、井本、岩田、太田、小野、片山、金井、聴涛、木林、熊坂、櫻井、佐藤、
 澤、杉山、田中、程、冨澤、中谷、波多野、濱、平松、藤岡、古橋、堀、横田、十名)

 第33回働学研は、2部編成で各3本ずつ計6本の発表がありました。
 第1部 地域、地方、社会の文化的・民主的創造  (司会:太田)
 第2部 変革期における科学・技術・品質管理のあり方(司会:濱)

 6本の作品は、いずれも興味深く、臨場感と迫力がありました。
 それに誘われて、多様な質問や意見が出され、本質に迫る議論がなされたと感じています。

 5/21第33回働学研プログラム
 (司会:太田・濱・十名、画面:澤 & 発表・議論各15分:計30分/本)

 第1部 地域、地方、社会の文化的・民主的創造(司会:太田)
  杉山友城:「杉山編[2022」『新しい<地方>を創る―未来への戦略』晃洋書房」
  古橋敬一:「地域創造の理論と実践(再論)」
  富澤公子:「長寿社会をけん引する「学びあい育ちあうアクティブシニア」の消費行動と持続可能な幸福社会への道」」

 第2部 変革期における科学・技術・品質管理・人材戦略のあり方(司会:濱)
  澤 稜介:「近代の科学と技術のあり方を考える―M.バーマン『デカルトからベイトソンへ』をふまえて」
  堀 隆一:「QCサークル活動とその他の改善活動」(堀[2021]『日本の勤労・勤勉思想の系譜』)
  太田信義:「技術変革を迎える自動車産業での人材戦略 ―アウトソーシング活用の視点から」

 それぞれの発表と議論については、<付記1 発表&議論のポイント>をご覧ください。実に興味深い議論がなされています。
 電子メールでの深いコメントも紹介しています。
 なお、次回の6/18第34回働学研などについても、<付記2 6,7月働学研のお知らせとお願い>をご覧ください、

 どうかよろしくお願いします。くれぐれもお大事に。

十名 直喜

【以上転送】
ご報告:第33回働学研(2022.05.21)

更新日:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です